2017年6月 7日 (水)

ドラマ「怪獣倶楽部」オンエア

6/6深夜(6/7)、関東地方でもTBSでオンエアされました。ご覧いただいた方々、ありがとうございます。

<見逃した方・放送地域でない方>
・以下で配信中です(1週間限定:期間に留意)。
以前書いたかもしれませんが、自分の知る成り立ちについて箇条書きにしておきます。

<オリジナルの怪獣倶楽部>
・「怪獣倶楽部」は実在した怪獣映画研究の同人(団体・会誌名とも)。氷川も所属(最初は高校2年生)。
・当時は「特撮」と呼ぶより「怪獣映画」という呼称を優先。
・円谷プロダクションのプランナーだった竹内博氏の呼びかけで結成
・1974年夏、先行した同人「宙(おおぞら)」(会誌名「PUFF」)のメンバーを中心として「ウルトラマンレオ」放送中の円谷プロで会合が開催。それを母体に月1回、円谷プロで会合がもたれ、1975年になって団体、会誌が発足。
・もともと「宙」は中島紳介氏が「S-Fマガジン」投書欄で「怪獣映画を評価したい」という呼びかけから文通ベースで発足したもの。
・現:怪獣イラストレーターの開田裕治氏は「宙」の関西支部「セブンスター」(会誌名「衝撃波Q」)を結成。その他、後に「プラモ狂四郎」原作者で編集プロデューサーの安井尚志氏を筆頭に、池田憲章氏、聖咲奇氏、金田益実氏、西脇博光氏等々、アニメ・特撮雑誌、レコードで活躍する人材多数が参加。
・造形作家・監督の原口智生氏も参加したが、参加当時は中学浪人。全体に若い。
・他団体の活動と一線を画するのは「本格的研究」を志向した点。「放送リスト」「一次資料=メイキング写真、脚本、当時の雑誌」など客観的材料にもとづく研究、評論をベースとする。それが結果的に黎明期のアニメ・特撮のライター人材を養成することになったが、これは竹内博氏の先見の明によるもの(2001年に書かれた自伝「元祖怪獣少年の日本特撮映画研究四十年」に詳しい)。
・この発想はほぼ同時期に「宇宙戦艦ヤマト」(1974年10月放送開始)のオンエアが始まり、急速にアニメにも傾斜した氷川個人の考え方、活動にも大きな影響をおよぼしているし、メンバーの多くは後にアニメの商業活動でも活躍する。
・氷川が近年こだわる「テレビまんが文化の重要性」におけるハイブリッド、クロスオーバーな結節点的存在。

<怪獣倶楽部に関する文献>
・カタログ誌「まんだらけZENBU」に中島紳介氏が連載
・現在入手可能な文献は、資料性博覧会09会場限定冊子・中島紳介『PUFFと怪獣倶楽部の時代』。ドラマ放映にあわせ、通販中。原作というわけではなく、メンバー取材構成に基づくドキュメンタリー形式。残部50ほどとのこと。詳細は以下リンクで。
商品番号:Mani-00HMTW48 (0700003320-0000000)
https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1066271192&ref=list

<ドラマ化経緯>
・中島紳介氏連載がきっかけで、ドラマの題材に選ばれることに。
・ドキュメンタリーなどではなく、青春ストーリーとして再構成。
・1対1でモデルの人物がいるわけではなく、「リーダー」「絵の得意なメンバー」「音楽に詳しいメンバー」のように「キャラ化」した上でドラマを構成。
・複数人を合成して1キャラ化している点があるなど、「この人のモデルは**さんですね」と特定することに、あまり意味はない(と、当事者としては思いたい)。

<氷川所感>
・会合場所が喫茶店となっていて、恋愛話が核となっているように、史実から大きな飛躍がある。しかし「現代の若者が見るドラマ」としては、むしろ歓迎。
・「協力」クレジットに関しては、取材とシナリオチェックで「らしさ」を感じるようなディテール加味の部分。
・たとえば、「脳内上映」(たしか「脳内再生」と言ったような)みたいにおおげさな言葉を使う、ガッツ星人はウソでも2体出してほしい、など願望として提示。いくつか反映されているようで嬉しい。
・自分でも忘れていたが、「テレビの録音を会員といっしょに聞いていたら、母親の呼ぶ声が入っていた」という恥ずかしい事件は、氷川が提供した実話ベース(苦笑)。
・ホントは電気少年だったから、テレビからの録音は外部端子(しかもAUX)ですでに問題なく行っていたのだが、友人から借りたソノシートはピンジャックのケーブルがなく、仕方なくステレオからマイクで録音したまま数年が経ち、失念していたという顛末。巻き戻してリテイクすればすむことなのだが、それを思いつかないのが中学生の浅知恵。たしか安井さんに「ケーブル使うんだよ」と言われたが、もちろんそんなことは知っていたのでした。
・全体にはフィクション度が高いわりに、そうしたディテールが拾われてることもあって、好感度高い。シナリオを文字だけで読んだときは「普通、彼女は怒って別れるよな」と思ったような部分も、「相手の顔と人柄が良ければ仕方ないのか」と感じさせるのが、ドラマの力だなあと、もはやすっかり他人事(笑)。
・イマジナリーフレンド的な怪獣(宇宙人)が予想外に愛らしく感じるので、「還暦近い今でも怪獣好きなんだなあ」とも思いました。
 「ウルトラセブン50周年」という記念の年に、ありがたい企画だと感じています。ひとたびオンエアされれば、あとは視聴者のものだと思いますので、どうか全4話を楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。

|

2017年5月23日 (火)

ドラマ「怪獣倶楽部」公式サイト

取材などで一部協力(基本的におまかせ)した青春ドラマ「怪獣倶楽部」の公式サイトがオープンしました。
1対1での特定のモデルということはなく、またエピソード自体も完全フィクションですが(恋話だけでも「史実と違う」というツッコミは多数いただいてますが(笑))、雰囲気はよく出ているのではと。ちなみに、あらすじ部分だけ主人公が「中島リョウタ」とフルネームで書いてあります。まあ、そういう距離感ということですね。
劇中、円谷プロさんの協力でウルトラセブン(ちょうどオンエア50周年)の宇宙人なども絡みますので、オンエアが楽しみです。

|

2017年5月 5日 (金)

連続ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」

連続ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」(全4回)
MBS:6月4日から毎週日曜深夜0時50分放送
TBS:6月6日から毎週火曜深夜1時28分放送

発表になりました。


「70年代特撮ファンの青春」を描いた作品で、記事に「空想特撮シリーズを愛し、怪獣をさまざまな角度から研究し、怪獣の同人誌を発行するために編集会議も行っていたという団体“怪獣倶楽部”に着想を得た作品」とあるとおり、氷川も参加していた実在の「怪獣倶楽部」が出発点になっています。その関係で若干の協力もさせていただきました。円谷プロダクションの全面協力も得られたということで、いまはどんなドラマに仕上がるのか、いち視聴者として楽しみにしています。
記事のリンクは以下です。

http://timbrisko.com/super-1

http://kai-you.net/article/41041

|

2017年5月 3日 (水)

発表!あなたが選ぶアニメ ベスト100

本日は以下に生出演します。よろしくお願いします。 ------------------------------
BSプレミアムで5/3午後8時から3時間の生放送!「発表!あなたが選ぶアニメ ベスト100」
出演:井上喜久子、関 智一、浪川大輔、加藤英美里、氷川竜介、藤津亮太ほか

|

2017年3月18日 (土)

「ひるね姫」コメント掲載

3/18本日初日、神山健治監督最新作「ひるね姫」。 公式ページに氷川のコメントが掲載されました。
http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/t2/famous.html なんかジワジワ効くタイプで、いい感じの映画です。
結論を急がずに、脳内熟成してもらえると楽しめるのかなあと。
明日、家内ともっかい行く予定です。
やはり初週動員に加わっておきたい作品なので。

|

2017年2月10日 (金)

スタジオジブリ小冊子『熱風』2017年2月号に取材記事

2/10発行スタジオジブリ小冊子「熱風」で「日本のアニメーションはどこへ行くのか」というテーマの取材を受けました。同時に庵野秀明監督のコメントも掲載されています。こちらも氷川がとった過去取材を再構成したものに加筆修正いただいて、このテーマへの回答になるようにした文章です。

氷川のほうは、わりと聞かれるまま放談的に語りました。この種の取材はだいたい編集さんが良きところを使っていただくというスタイルなので。ところがなんと3万2千文字ぐらい。だったらもう少し脈絡あるように構成たてて語れば良かったかなと思いましたが、読み返したら一応それなりではありました。庵野監督のほうが1万文字行かないくらいなので、畏れ多いことですが。合わせ読むと、問題意識みたいなものは、より明確になるかと思います。
そんなわけで、なんとか自分の立場なりに、いま気になっていることを語らせていただきました。一部「ロトさんの本」で過去語ったこととダブってますが、そこは読者層も違うということと、このボリュームで何が言いたいか伝わることもあるのかなと思ったので、編集の額田さんがいいと思ったところはそのまま残すようにしています。
入手方法が特殊なフリーペーパーですが、ご興味ある方はぜひ。

http://www.ghibli.jp/shuppan/np/011205/

|

2017年2月 6日 (月)

コミケ個人誌「ロトさんの本」バックナンバー通販

いくつかリクエストをいただいたので、ある程度在庫のあるものを3冊、amazonでバックナンバー販売開始します。だいぶ古い話題であるとは思いますが、その時期の赤裸々な証言ということでもあり。ご興味ある方はぜひ。
ほどなく「在庫切れ」→「一時的に販売休止」に変わると思いますが、「販売休止」と書いてあっても、クリック可能であれば押してくださることで、発注オーダーがはいる仕組みです。少々お待たせしますが、よろしくお願いします。

●時代のキーワード ロトさんの本Vol.24(2009年冬コミ)
ANIMAX「とっておきAニュース《氷川流》より」 2008年から1年間のレギュラー出演をした情報番組「とっておきAニュース」。毎回《氷川流》というまとめコーナーがありました。その収録用に作成したメモを総集編でまとめています。





●時代の大波 2011年アニメ激変期 ロトさんの本Vol.28(2011年冬コミ)

2011年9月のSF大会で話した内容を大幅に書き換え、現状認識を話題のおもむくままにつづったロングエッセイ的な内容です。「3.11」が発生し、『魔法少女まどか☆マギカ』や『TIGER & BUNNY』などオリジナルアニメが活況だった年でもあります。




●アニメ映画の当たり年 2012年をリアルタイムで語る ロトさんの本Vol.30(2012年冬コミ)
池袋コミュニティカレッジ講座の再録です。アニメ映画小史(ヤマトからヤマトへ)、「ももへの手紙(4/21公開)」「虹色ほたる(5/19公開)」「グスコーブドリの伝記(7/7公開)」「おおかみこどもの雨と雪(7/21公開)」「2012年上半期・劇場アニメ総括」と全6回の再録と語り直しです。


|

2017年1月12日 (木)

個人誌「2016年ヒット映画の秘密」リアル店舗販売開始

「2016年ヒット映画の秘密 ロトさんの本Vol.36」『シン・ゴジラ』『君の名は。』『この世界の片隅に』氷川竜介が徹底分析(書き下ろし)。ジュンク堂池袋店、大阪本店、神保町書泉グランデ、秋葉原書泉ブックタワーなどで販売開始しました。
※氷川の手元からはCOMIC ZIN分ふくめて全在庫を出荷しました。今号は夏コミでのバックナンバー販売もできないと思いますし、コスト的に再版も難しいと思います。お求めやすい方法にて早めにご入手ください。
2016web

|

2017年1月 1日 (日)

冬コミ新刊、amazon通販開始

大晦日に発刊した冬コミ新刊、amazon通販開始しました!
《題名》
「2016年ヒット映画の秘密(ロトさんの本Vol.36)」
《内容紹介》
2016年のヒット作『シン・ゴジラ』『君の名は。』『この世界の片隅に』に関わった氷川竜介が各作の特徴や共通点を分析し、映画界の変化を探ります(書きおろし)。

※「一時的に在庫なし」となっていますが、構わずクリックしてください。それで注文が入るというシステムになっていますので。

| | トラックバック (0)

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。みなさまのご多幸を祈っております。本年も、よろしくお願いします。

|

より以前の記事一覧