2017年11月29日 (水)

氷川竜介のプロフィール

近年、「作成しましたので見てください」と送ってこられるプロフィールが、ことごとく古かったり間違っていたりして、非常に苦慮しております。まずお願いしたいのは「ウィキペディアを見て書かないでください」ということです。これは自分だけでなく、身近なクリエイターさんの多くが願っていることです。たとえばある方は、出身地が間違っていたので、知人に頼んで修正したところ、すぐさま間違いに戻されて、諦めたそうです。人格を揶揄するようなトーンの文章が筆頭に書かれていて、苦笑していた監督さんもいます。取材のときライターがウィキペディアのプリントを拡げたら、話す気がなくなると言った方もいます。
氷川の場合はもっとも最近の単著である「細田守の世界」が掲載されていません(2年前の本なのに)。総じて掲載はかなり恣意的であり、本人が載せてほしいと思うようなことが載っていないし、マメに最新に更新されているかどうかは分からないのです。それはそれでウィキペディアの方針として尊重すべき部分もあるのでしょうが(世間からの更新の無関心も指標ってことでしょう?)、ちゃんとしたアプローチをしたいのであれば、きちんと最新情報を調べていただきたいのです。

自分なりに講演会や文化庁関係の仕事など、発信はしているつもりでしたが、なかなかブログなどのオフィシャル情報が更新できていないのも一因かと思い至りました。今後、折に触れて情報発信したいと思います。
一例として、下記に示します(発信先により書き分けたもののひとつ)

300w
1958年兵庫県生まれ。アニメ・特撮研究家、明治大学大学院兼任講師。東京工業大学卒。1977年に月刊OUT「宇宙戦艦ヤマト特集」でデビューし、黎明期のアニメ特撮出版、レコードに関わる。IT系企業で通信機器開発に携わり、国際標準化活動の経験あり。文化庁メディア芸術祭審査委員、毎日映画コンクール審査委員などを歴任。文化庁向けに「日本特撮に関する調査報告書」「日本アニメーションガイド ロボットアニメ編」を執筆(共著)。主な編著等:「20年目のザンボット3」(太田出版)、「世紀末アニメ熱論」(キネマ旬報社)、「細田守の世界――希望と奇跡を生むアニメーション」(祥伝社、2015年)、「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」(カラー)など。
《留意事項》
・肩書き
「アニメ・特撮研究家」ナカグロはあってもなくても。
「アニメ評論家」「アニメライター」「編集者」などは避けてください。そういう時期もありましたが、人は変化するものです。「評論家」は2014年の大学院就任以後、やめています。ライター業は、ごく一部のみへの対応とさせていただいていますし、基本は著作性のある署名原稿のみです。

・本年は「兼任講師」です
修正が間に合わず、一部資料で「客員教授」と出ていますが、任期が3年なので2016年度末(2017年3月)で満了し、研究室なども返上しました。引き続き「兼任講師」で明治大学大学院にはお世話になっています。今後また変更の可能性がありますが、随時お知らせいたします。

・今後は公的活動が中心です
2018年2月で還暦を迎えることもあり、60代の仕事の傾向を「まとめ」の方向へ転換しようと考えています。もちろん最新動向もキャッチアップしつつですが、優先度を考えていくことになると思います。ここまでで分かったことを体系づけてまとめて行くだけで、軽く10年はあっという間だと覚悟しています(手前10年がそうだったので)。幸い、アーカイブなどを中心としたさまざまな公的活動と、その方向性も合致しているようなので、その流れと足並みをそろえて、人生の仕上げにかかりたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

|

2017年10月26日 (木)

池袋コミュニティカレッジ:デビュー40周年特集

今週末10/28(土)から池袋コミュニティカレッジが新シーズンに入ります。通算で97回と、大変に長い講義となりました。ありがとうございます。
今回は「アニメ100年」を優先して他でやりそこなったこともあって、「デビュー40周年特集」というお題にしています。

お申し込みなどの詳細は以下のリンクからお願いします。
https://cul.7cn.co.jp/programs/program_707084.html

以下、オフィシャル情報から。

《講座内容》

アニメの見方が変わる! 今期はガンダムにつながるTVアニメ『無敵超人ザンボット3』が放送されたころの状況を説明し、アニメ100年のうち40年分の歴史の蓄積を語ります。加えて2017年のアニメ状況まる1年分を総括、さらに101年目を迎えたアニメの歴史のうち、60年代と70年代のTVアニメを語ります。
《各月内容》
10月28日 氷川竜介デビュー40周年(1977年を語る)
11月25日 40年目のザンボット3(その1)
12月23日 40年目のザンボット3(その2)
1月27日 2017年の総括
2月24日 日本アニメ101年必見作品(60年代TV)
3月24日 日本アニメ101年必見作品(70年代TV)

よろしくお願いします。

|

2017年10月 3日 (火)

仕事場撤去しました

先ほど大家さんに鍵を返却しまして、2003年から14年間使ってきた仕事場を完全撤去いたしました。ガランとした部屋はさすがに寂しいですが、心機一転がんばりたいと思います。
住所変更は年賀状・暑中見舞でお知らせ済みですが、住所録で部屋番「301」(旧住所)のままの方はメールでご一報ください。よろしくお願いします。

|

2017年9月 1日 (金)

「アニメ100年ハンドブック」重版出来

お待たせしました。「アニメ100年ハンドブック」重版出来です。「在庫切れ」となってますが、クリックしていただければオーダーが入るシステムです。2版で一部誤記修正、加筆などしてますが、大きな内容変更はありません。よろしくお願いします。

|

2017年8月28日 (月)

「アニメ100年ハンドブック」について

予想を上回る反響をいただき、ありがとうございます。amazonへの発注は現在、復活しています。8/28朝9時時点で残り14冊となっていますが、以下の対策を講じています。

・再版を決定:異例ですが、増刷入稿をいたしました。次週ぐらいから再版分になると予想しています。自費出版でもあり、在庫リスクを抱えながら少しずつ刷り増すことは非常に困難なので、それが切れた時点で終わりになると思います。

・初版分についても、「残り14冊」からもう少しだけamazonへ入庫できるかもしれません(検討中)。

・いずれにせよ「一時的に在庫切れ」になってはいても、現実には品切れではなく、クリックさえしていただければ、しばらくは受注→入庫→発送という対応は可能と思います。

・過去のバックナンバーについては、在庫の復活、再版はいっさいありません。「現在在庫切れです」が表示され、クリックできなくなった時点で、amazon分は終わりです(COMIC ZINさんやリアル書店の一部には残っている可能性があります)。

 以上、よろしくお願いします。


|

2017年8月21日 (月)

夏のコミケ本、amazon販売について

現在対応できる在庫冊数を超えつつあります。ありがとうございます。
そのため、ふたたび「一時的に在庫切れ」にいたしました。20日までの発注分はおそらく対応可能ですが、21日以後は再版含めて検討させてください(再版しない可能性もあります)。

本来コミケ用自費出版なので、その趣旨あわせてのご理解よろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

コミックマーケット(再掲)

夏のコミックマーケット、新刊情報を再掲します。


・日時 8月13(日)
・場所東U-29b
・サークル名:IRD工房

・書名:アニメ100年ハンドブック(ロトさんの本Vol.37)
・内容:NHKサイト用コラムをベースに大幅な加筆修正、歴史を概観します。年表つき。
・A5サイズ 84ページ
・その他:新刊売りが主です。バックナンバーは、ごく一部のみ対応。
(2016年冬「ヒット映画の秘密」は品切れ)。

お待ちしております。
17_100

通販予定は追ってお知らせします。

|

2017年8月 8日 (火)

コミックマーケット新刊

夏のコミックマーケット、新刊出ます。「アニメ100年ハンドブック」、NHKサイト用コラムをベースに大幅な加筆修正、歴史を概観します。年表つき。13(日)東U-29b サークル名IRD工房 お待ちしております。通販予定は追ってお知らせします。


| | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

ドラマ「怪獣倶楽部」オンエア

6/6深夜(6/7)、関東地方でもTBSでオンエアされました。ご覧いただいた方々、ありがとうございます。

<見逃した方・放送地域でない方>
・以下で配信中です(1週間限定:期間に留意)。
以前書いたかもしれませんが、自分の知る成り立ちについて箇条書きにしておきます。

<オリジナルの怪獣倶楽部>
・「怪獣倶楽部」は実在した怪獣映画研究の同人(団体・会誌名とも)。氷川も所属(最初は高校2年生)。
・当時は「特撮」と呼ぶより「怪獣映画」という呼称を優先。
・円谷プロダクションのプランナーだった竹内博氏の呼びかけで結成
・1974年夏、先行した同人「宙(おおぞら)」(会誌名「PUFF」)のメンバーを中心として「ウルトラマンレオ」放送中の円谷プロで会合が開催。それを母体に月1回、円谷プロで会合がもたれ、1975年になって団体、会誌が発足。
・もともと「宙」は中島紳介氏が「S-Fマガジン」投書欄で「怪獣映画を評価したい」という呼びかけから文通ベースで発足したもの。
・現:怪獣イラストレーターの開田裕治氏は「宙」の関西支部「セブンスター」(会誌名「衝撃波Q」)を結成。その他、後に「プラモ狂四郎」原作者で編集プロデューサーの安井尚志氏を筆頭に、池田憲章氏、聖咲奇氏、金田益実氏、西脇博光氏等々、アニメ・特撮雑誌、レコードで活躍する人材多数が参加。
・造形作家・監督の原口智生氏も参加したが、参加当時は中学浪人。全体に若い。
・他団体の活動と一線を画するのは「本格的研究」を志向した点。「放送リスト」「一次資料=メイキング写真、脚本、当時の雑誌」など客観的材料にもとづく研究、評論をベースとする。それが結果的に黎明期のアニメ・特撮のライター人材を養成することになったが、これは竹内博氏の先見の明によるもの(2001年に書かれた自伝「元祖怪獣少年の日本特撮映画研究四十年」に詳しい)。
・この発想はほぼ同時期に「宇宙戦艦ヤマト」(1974年10月放送開始)のオンエアが始まり、急速にアニメにも傾斜した氷川個人の考え方、活動にも大きな影響をおよぼしているし、メンバーの多くは後にアニメの商業活動でも活躍する。
・氷川が近年こだわる「テレビまんが文化の重要性」におけるハイブリッド、クロスオーバーな結節点的存在。

<怪獣倶楽部に関する文献>
・カタログ誌「まんだらけZENBU」に中島紳介氏が連載
・現在入手可能な文献は、資料性博覧会09会場限定冊子・中島紳介『PUFFと怪獣倶楽部の時代』。ドラマ放映にあわせ、通販中。原作というわけではなく、メンバー取材構成に基づくドキュメンタリー形式。残部50ほどとのこと。詳細は以下リンクで。
商品番号:Mani-00HMTW48 (0700003320-0000000)
https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1066271192&ref=list

<ドラマ化経緯>
・中島紳介氏連載がきっかけで、ドラマの題材に選ばれることに。
・ドキュメンタリーなどではなく、青春ストーリーとして再構成。
・1対1でモデルの人物がいるわけではなく、「リーダー」「絵の得意なメンバー」「音楽に詳しいメンバー」のように「キャラ化」した上でドラマを構成。
・複数人を合成して1キャラ化している点があるなど、「この人のモデルは**さんですね」と特定することに、あまり意味はない(と、当事者としては思いたい)。

<氷川所感>
・会合場所が喫茶店となっていて、恋愛話が核となっているように、史実から大きな飛躍がある。しかし「現代の若者が見るドラマ」としては、むしろ歓迎。
・「協力」クレジットに関しては、取材とシナリオチェックで「らしさ」を感じるようなディテール加味の部分。
・たとえば、「脳内上映」(たしか「脳内再生」と言ったような)みたいにおおげさな言葉を使う、ガッツ星人はウソでも2体出してほしい、など願望として提示。いくつか反映されているようで嬉しい。
・自分でも忘れていたが、「テレビの録音を会員といっしょに聞いていたら、母親の呼ぶ声が入っていた」という恥ずかしい事件は、氷川が提供した実話ベース(苦笑)。
・ホントは電気少年だったから、テレビからの録音は外部端子(しかもAUX)ですでに問題なく行っていたのだが、友人から借りたソノシートはピンジャックのケーブルがなく、仕方なくステレオからマイクで録音したまま数年が経ち、失念していたという顛末。巻き戻してリテイクすればすむことなのだが、それを思いつかないのが中学生の浅知恵。たしか安井さんに「ケーブル使うんだよ」と言われたが、もちろんそんなことは知っていたのでした。
・全体にはフィクション度が高いわりに、そうしたディテールが拾われてることもあって、好感度高い。シナリオを文字だけで読んだときは「普通、彼女は怒って別れるよな」と思ったような部分も、「相手の顔と人柄が良ければ仕方ないのか」と感じさせるのが、ドラマの力だなあと、もはやすっかり他人事(笑)。
・イマジナリーフレンド的な怪獣(宇宙人)が予想外に愛らしく感じるので、「還暦近い今でも怪獣好きなんだなあ」とも思いました。
 「ウルトラセブン50周年」という記念の年に、ありがたい企画だと感じています。ひとたびオンエアされれば、あとは視聴者のものだと思いますので、どうか全4話を楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。

|

2017年5月23日 (火)

ドラマ「怪獣倶楽部」公式サイト

取材などで一部協力(基本的におまかせ)した青春ドラマ「怪獣倶楽部」の公式サイトがオープンしました。
1対1での特定のモデルということはなく、またエピソード自体も完全フィクションですが(恋話だけでも「史実と違う」というツッコミは多数いただいてますが(笑))、雰囲気はよく出ているのではと。ちなみに、あらすじ部分だけ主人公が「中島リョウタ」とフルネームで書いてあります。まあ、そういう距離感ということですね。
劇中、円谷プロさんの協力でウルトラセブン(ちょうどオンエア50周年)の宇宙人なども絡みますので、オンエアが楽しみです。

|

より以前の記事一覧