« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

「ガンダム」の家族論 富野 由悠季 (著)

構成でクレジットされている藤津亮太氏から献本いただき、興味深く読みました。
語り起こしに大幅加筆するタイプの本だと思いますが、「である」調で論旨がシャープにまとまっているため、サクサクと読めますし、非常に腑に落ちることも多いです。タイトルがタイトルなので、『機動戦士ガンダム』はもちろん『F91』から『ターンエー』までガンダムシリーズの中での家族の話ももちろん出てきます。アムロの母親とか、ランバ・ラルとハモンの話とか、おなじみのものもありますが、『海のトリトン』や『リーンの翼』あるいは『ブレンパワード』など富野アニメを縦横に例示があがっています。
アニメの話というせまいところではなく、人を支える根源のもの、その中での男女・家族の役割を語っている姿勢は、さすがだなと。特に監督ご自身の娘さん二人、子育ての話を『伝説巨神イデオン』に絡めて語られたのは、私の記憶では初ではないかと思うので、Blu-rayがリリースされたいま、タイムリーとも思えます。
タイムリーと言えば、3.11の東関東大震災の話題が組み込まれているのも驚きです。発売は4月15日なので、ギリギリで差し替えたと思いますが、ムリヤリ突っこんだのではなく、前後とつながっているのも、未来を見つめた根源的な、監督がよく言われる「原理原則の話」が書かれているからでしょう。そういう意味でも、ガンダムが話題だからということを越えて、長く読まれる本になったのではないかと。文中では「ガンダム世代」という単語への狭隘さにも苦言が呈されてますしね。
というわけで、ガンダムや富野アニメに興味のある方はもちろんのこと、広く読まれてほしい本だと思います。

| | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

伝説巨神イデオン:評論集を微量更新

http://hikawa.cocolog-nifty.com/hyoron/2006/11/post_71e7.html
最近メンテしていなくて恐縮のブログですが、Blu-rayその他の情報を追記しました。
ひさびさに読みかえしましたが、ツカミとか忘れているもんですねー。
1997年に書いたという時代性を反映してました。
それにしてもBlu-ray+プラズマで見る発動編の超高画質には、ひたすら驚嘆です。
セル画がそこに置いてあるとしか思えません。堪能しました。
価格はかなり高めなんで、何度も楽しんでみようと思います。

また評論集の方にも新規アップをしなければなと思ってますので、いずれまた。

| | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

出崎統監督への追悼文:朝日新聞に掲載

今朝(4/26)の朝日新聞朝刊・文化面い出崎統監督への追悼文を書きました。

「情熱的人選 フィルムに投影 アニメ監督・出崎統を悼む」

800文字という短いスペースでしたが、一番大事なポイントに絞って書かせていただきました。

※「崎」の文字は本来、違う文字(つくりの「大」の部分が「立」)ですが、第三水準ということで通例にならってこちらを使わせていただいています。

| | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

出崎統監督、逝く

信じたくはなかったですが、確定情報出ました。

 「あしたのジョー」「ベルばら」アニメ監督の出崎統さんが死去 67歳、肺がん 
産経ニュース エンタメ

もっとも敬愛するクリエイターのひとりでした。
光と影のコントラストが激しい表現、引きセル3回とかハーモニーでストップモーションとか入射光とかパラかけとか、日本のアニメ技法の多くを開発した方としても知られていますが、それより何より先に「情熱」が輝いている作家でした。映像への迫り方も出崎統監督の熱い視線に求められ、必然的にそう見えるようになるという関係にあります。

実写版「あしたのジョー」にしても実質的には出崎統監督のアニメ版から多くを得ていたわけで、アニメ史上もっとも影響力のあった演出家ではないかとも思います。

「ウルトラヴァイオレット」のTAFイベントで、出崎統監督と丸山正雄さんとそろって対談というかティーチインの司会をさせていただき、ご本人を目の前にしてコンテ解説をするという冷や汗の出る仕事をさせていただいたのが、最後にお目にかかった機会となりました。そのときうかがったお話は宝物です。打ち合わせで聞いた、ギリギリまで粘ったときにラストが降りてくる話は、ものすごく納得でした。
対談中に「絵コンテは楽譜だと思うんです」と言ったら、「ああ、それはいい表現だね」と言っていただけたのも、うれしかったです。

本当に素敵な作品の数々をありがとうございました。合掌。

P.S.拙著「アニメ新世紀王道秘伝書」では、まる1章(連載6回分)かけて出崎統監督の作品を語らせていただきました。「ガンバの冒険」「ゴルゴ13」「劇場版エースをねらえ!」「あしたのジョー2」「宝島」について語ってます。特に劇場エースについて2回分かけて心行くまで書けたのは良い想い出です。

| | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »