« 間もなく発売!ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 全記録全集 | トップページ | 《廉価版》精霊の守り人/BLACK LAGOON 後半発売 »

2010年9月23日 (木)

追悼・今 敏監督/ついに「セラフィム」が復刻!

キネマ旬報の最新号に追悼文を書かせていただきました。読者層を意識して、先日の新聞掲載となるべく違うことを書こうとしました。1点、「千年女優」のプレス記事を書いた年を間違えてまして、2002年が正解です。お詫びとともに訂正します(公開にだいぶ先がけて拝見したのは確かなので記憶違いしました)。

『MAG・ネット マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ』(NHK BS2)の10月3日(日) 特集「追悼 今 敏」にも出演させていただきました。技法的な話と、お付き合いいただいたときの想い出みたいなことを語っています。番組全体では、NHKに出演されていた今 敏監督の映像が多く流れると聞いています。
http://www.nhk.or.jp/magnet/program.html

NHKと今 敏監督と言えば、「アニクリ15」に収録されている「オハヨウ」が「パプリカ」の次の作品にあたるので、1分間の短編とはいえ、現在のところ公開されている遺作に相当する作品だと思います。たぶんMAGネットでも扱われるのでは。実はこれはDVD部門ではなく書籍部門で発売され、メイキング本に本編15作がついているという構成になっています。初見で「これはパーフェクトブルー2007みたい」という感想を抱いたのですが、その秘密などもインタビューで語られていました。本は藤津亮太氏の構成によるものです。

出たばかりの「月刊 COMIC リュウ 2010年 11月号」の次号予告に出ていますが、12月号に「今 敏追悼BOOK」が付録でつきます。そこにも記載されていますが、アニメージュに連載されていた今 敏の漫画「セラフィム」(原案・原作/押井守)がついに収録されます。全人類が天使病による絶滅の恐怖にさらされる中、犬と少女を連れて旅をする男と老人……という世界観が圧巻の画力で描かれたもので、未完ながら漫画家・今 敏の代表作と言って良い大作です。こちらも何かお手伝いする予定です。

|

« 間もなく発売!ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 全記録全集 | トップページ | 《廉価版》精霊の守り人/BLACK LAGOON 後半発売 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/49535328

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼・今 敏監督/ついに「セラフィム」が復刻!:

» 今敏 追悼BOOKだけを目当てに今月号のコミックリュウを買ってしまうのは不謹慎なんでしょうか…。 [新製品と価格のメモ]
ぼくは、そんなことはないと思うんですね。 ちなみに、今敏追悼BOOKの内容詳細はコミックナタリーのニュースで確認できる。 「今敏追悼BOOK」には、今が作画を手がけた押井守原案・原作のマンガ「セラフィム 2億6661万3336の翼」を収録。月刊アニメージュ(徳間書店)にて1... [続きを読む]

受信: 2010年10月20日 (水) 23時28分

« 間もなく発売!ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 全記録全集 | トップページ | 《廉価版》精霊の守り人/BLACK LAGOON 後半発売 »