« 『東のエデン』に学ぶ、単館上映ビジネス | トップページ | 『オーディーン 光子帆船スターライト』の主題歌 »

2010年4月 9日 (金)

『東のエデン』に学ぶ、単館上映ビジネス、後編も公開

後編も公開されました。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1004/09/news011.html

新聞記事と同等なので、原稿をチェックしたわけではなく、氷川側での言い方に起因する若干正確でない部分もあります。「誰が話したことだ」が違うとか(Zガンダムの件は沢村さんのお話ではなく氷川個人の意見→修正されたそうです)、記録される前提で精密な数字を調べてこなかったとかありますので、その辺は引用されるのであればご留意ください。
ですが、大意は違ってないです。
ここしばらく、いろんなところで書いたり語ったりしてきたことを全部リンクさせた話ではあるので、まとめてくださって感謝です。

アニメの観客は、「小屋に出かけてみんなで観ると、けっこう楽しいよ」ということを再認識していただけたらと。「どうせDVDになるんでしょ」とか「ネットでチェック」というのとは、違う快楽があるんですよね。これは本当にこの数年、あらゆる事象がそっちを指しています。「アバター」の3DやIMAXなどもそうですよね。

アニメを含むメディアビジネスは激変期で、過去の常識が通用しなくなった節目であるのは事実です。しかし逆にいろんなアイデアが試せる大きなチャンスの時期でもあると信じています。今なおそうやって知恵を絞り、血を流して戦っている方たちに、何らか勇気づけ、触発できる言葉を、さまざまな機会に示していけたらなあ、と思ってます。
50年単位で一周ぐるっと回って考えたときに、新しい考えだと思い込んでいるのが、実は一番古くて堅いものかもしれない。逆に小さい小屋で手売りが新しいと見えて、それは実はショウビジネス最古の形態だったりしますから。
ただ、原点回帰そのものでもないんです。今だからこその円環構造がある。
こうした円環的な発想から、自分もいろんなことを見つめ直していきたいです。

|

« 『東のエデン』に学ぶ、単館上映ビジネス | トップページ | 『オーディーン 光子帆船スターライト』の主題歌 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/48036732

この記事へのトラックバック一覧です: 『東のエデン』に学ぶ、単館上映ビジネス、後編も公開:

« 『東のエデン』に学ぶ、単館上映ビジネス | トップページ | 『オーディーン 光子帆船スターライト』の主題歌 »