« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

『サンダーバード』その他のメイキング本

発注してから何年も「延期」「延期」となっていたスーパーマリオネーションのハードカバー本が、ようやく届きました。『スティングレー』『サンダーバード』『キャプテンスカーレット』『ジョー90』などは、いずれも自分にとって大事な作品です。写真が大きいのが良いですね。本文はじっくり読んでないですが、労作のようです。そういえば『サンダーバード』のブルーレイは英国ですでに発売されているのですが、16:9にトリミングしてしまったようで、amazon.ukでは非難囂々になってました。せっかくの再評価のチャンスなのですから、オリジナルに忠実にリリースしてほしいですよね。

FILMED IN SUPERMARIONATION a history of the future

| | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

3/28 ルネ・ラルー映画祭

ご案内をいただきました。バンタン映画映像学院在学生による自主上映会です。

独特の映像感覚で魅了するルネ・ラルー監督のアニメーション作品をスクリーンで観るチャンスです。りんたろう監督によるトークショーもあるそうです。

《日時・場所》
  3月28日(日)11:20 開場
 シネマート六本木 (スクリーン4 135席+1)
 所在地:東京都港区六本木3-8-15 (六本木駅より徒歩約2分)

《上映作品》
ファンタスティック・プラネット La Planète sauvage
(1973年 カンヌ国際映画祭 審査員特別賞受賞)
1973年/フランス=チェコ/72分/ヴィスタ/イーストマンカラー/35mm上映
原作:ステファン・ウル 脚本・原画:ロラン・トポール 音楽:アラン・ゴラゲール
日本初公開:1985年6月

時の支配者 Les maitres du temps
1982年/フランス/78分/ヴィスタ/カラー/DVD上映
原画・脚色:メビウス 原作:ステファン・ウル 製作:ローラン・グリッディ、ジャック・デルクール
日本初公開:1983年9月

ガンダーラ GANDAHAR
1987年/フランス/83分/スタンダード/カラー/35mm上映
原作:ジャン=ピエール・アンドルヴォン 音楽:ガブリエル・ヤレド/『イングリッシュ・ペイシェント』(1996/第69回アカデミー賞 音楽賞受賞)
日本初公開:1989年3月

一部DVDですが、フィルム上映はめったにないチャンスなので、ぜひに。
詳細は以下のサイトでご確認ください。

http://renelaloux.okoshi-yasu.com/

| | トラックバック (0)

コラム新連載「氷川竜介のチャンネル探訪」

表題のコラム連載を、バンダイチャンネルさんのサイトでスタートしました。
第1回「新房昭之×シャフト」を探る(1) 掲載済みです。
http://blog.b-ch.com/blog/info/archives/125

| | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

文化庁メディア芸術祭 特別功労賞 金田伊功氏

りんたろう監督をお迎えして故・金田伊功氏を語ったシンポジウム(2月11日)の公式レポートが掲載されました。簡潔に重要なところがまとめられていて、感謝しております。行かれなかった方も、ぜひその偉大な功績を忍んでいただけたらと思います。
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/report/symposium/achive02/

| | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

3月15日の「超!A&G+ナビ」は『ミッチ』こと堀江美都子さんが登場!

http://www.agqr.jp/pginfo/2010/03/215taftahlets-tough.php

◆「超!A&G+ナビ」
 http://www.agqr.jp/  ←このリンクにてネットで聴けます。
 放送日:3月15日(月)16:00~17:00(超!A&G+)
    ※リピートは番組表でご確認ください。
 出演者:鈴木久美子・氷川竜介
 ゲスト:堀江美都子

レギュラーで出演しているデジタル文化放送「超!A&G+ナビ」、本日のオンエアはあこがれの堀江美都子さんがゲストです。それはもう、『紅三四郎』でのデビュー以来のファンと言って良いくらいで、緊張しました。iPodには堀江さんの戦闘曲(ロボットアニメのアルバムに必ず1~2曲入っていたやつ)の「ミッチ戦うわ!」というプレイリストを登録、原稿に煮詰まったときには毎度お世話になってます。楽しく過ごさせていただきました。
堀江さんは40周年ということで、26日には堀江さんがパーソナリティを担当される特番も放送されるので(プラスナビではその紹介を)、ぜひそちらも聴いてください。

Photo

堀江美都子40周年の企画アルバムも続々と出ています。今回リリースのものは青木望さんの弦楽四重奏アレンジによるセルフカバーというもので、これがなかなか聴き応えあります。前に完売したCDボックスも少数再発売されるそうで、私も買い逃していたので助かりました。いずれも凝った内容なので、この機会にぜひ。


新譜以外にも、「歌のあゆみ」の最新版、ベストコンピレーション、独言倶楽部の最新などもリリースされています。エネルギッシュで張りと響きのある歌声を聴いてるだけで、なんだかとても幸せな昨今です(笑)。

| | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

映画評『東のエデンⅡ』と『時をかける少女(実写版)』

恒例の「アニメ!アニメ!」に表題2件の映画評が掲載されました。初日公開日に映画評掲載という面白い企画です。土日でご覧になる映画選定のご参考になればと。特に『東のエデン』は完結編ということなので、ずっとご覧になってきた方はお見逃しなく。映画を応援するなら、初日と2日目の動員に参加するのが吉です。

映画評 『東のエデン 劇場版II Paradise Lost』
映画評 『時をかける少女』


| | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

映画評 『イヴの時間 劇場版』

本日より公開、『イヴの時間 劇場版』の映画評を「アニメ!アニメ!」に書きました。
http://animeanime.jp/review/archives/2010/03/post_51.html
吉浦監督とはTAFやSFショー、あと同作の深夜上映などで何度かトーク(対談)させていただき、その作り方の明晰な発想とユーモアの同居に非常に感心しました。今回の劇場版も、そういう点で非常に凝っていると思います。ご興味ある方はぜひ劇場へ。

『イヴの時間 劇場版』サイト
http://timeofeve.com/

| | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

バルト9「サマーウォーズ」イベントレポート

いよいよ出荷になったDVD、BD。先週土曜日深夜のイベントレポートも増えてました。
イベントでもフィルム配ってたんですよね。「いいなあ」と見てました(笑)。
私のBD内のは公式HPにも出てるように陣内家の中庭でした。
では、リンク先で特典ディスクの内容などご確認ください。

●聖地・バルト9に凱旋!『サマーウォーズ』HDリマスター版 一夜限りの上映会レポート!(プレセペ)
http://www.presepe.jp/m44/show/id/jqnOk4KjWAc=

●「サマーウォーズ」のBD版がすごい!(読賣新聞popstyle)
http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/2010/03/post-9eed.html

●サマーウォーズ:「アニメの楽しみ方広げた」BD・DVD発売記念でプロデューサーらがトーク(毎日新聞まんたんウェブ)
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20100303mog00m200054000c.html

| | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

『サマーウォーズ』イベントの記事

27日の土曜日、新宿バルト9で行われた表題の記事が「AV Watch」に出ました。ご参加くださった方々、ありがとうございました。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100301_352006.html

記事中にもありますが、質問者が40回鑑賞、18回鑑賞という豪傑ぞろい。終電の時間過ぎてもなお大勢が参加継続という熱くもアットホームな雰囲気のイベントでした。その気分が伝わったのか、なんか妙に楽しかった記憶があります。たぶん、時間も予定より相当長かったんじゃないかな。

肝心のブルーレイ、商品も間もなく発売ですが、これも映画興行と同じで初速が大事です(記事や記録になって、今後のアニメビジネスにも影響が出る)。特典ディスクは、BD-Jなどの機能を使いきった、おそらく現時点で最高峰の逸品なので、本作を骨の髄までしゃぶりつきしたい方は、ぜひこの機会によろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »