« 映画評『マイマイ新子と千年の魔法』 | トップページ | 『幻魔大戦』ブルーレイ、発売! »

2009年11月23日 (月)

『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』コメント

http://yamato2009.jp/p_cm_hikawa.html

初号試写を拝見した感想です。
最初は語り起こしと考えてましたが、これは言葉を選ばないとかえって誤解を与えると思い、書き原稿にさせてもらいました。その理由コミでのコメントとなってます。
つまり「いやー、意外に面白かったよ」なんて、うっかり気軽に言うと「じゃあ、傑作なんですね!」みたいなリアクションされかねない。この「傑作」って現代のレギュレーションで言ってるに違いないんですが、この作品はその基準からすれば明らかに「規格外」なんですよね。で、考えてみたら1974年時点での『ヤマト』も当時のアニメからしたら「規格外」だったわけなんですよ。流行に背を向けてる、単に「これが面白いんだ!」という自信だけで叩きつけるものがある。言ってみれば「アナクロ」でもあって、そこ含めて「変わらない」ことへの驚きがありました。それは、「こんな世の中」になってみれば、すごく貴重なものでもあるかなと。
あと、自分はどうも「ヤマト菌」に脳を冒されているのか、どこかに「ツボ」ができてしまって、主に戦闘シーン、ヤマト発進シーンなどでそこを触られると逆らえなさそうだということも改めて気づきました。なので、公正・冷静な判断でもなかろうと思うわけですが、それはそれでいいんでしょう。醒めた目では、きっとどなたか他の方が判断してくれるでありましょう。

ということで、とりあえず期待値はナナメ20度下ぐらいに低くしたままにしておいていただき(笑)、でもどこか虚心に劇場へと足を運んでいただくことを願ってます。パンフレットのライターも担当しましたので、そちらもよろしくお願いします。

|

« 映画評『マイマイ新子と千年の魔法』 | トップページ | 『幻魔大戦』ブルーレイ、発売! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/46835587

この記事へのトラックバック一覧です: 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』コメント:

» 12.2(水) 「宇宙戦艦ヤマト復活篇」試写会 [せんちゃん改めせんちゃまんのメガ・バトル日記 Destiny]
N社からメールが届き、履歴書を準備。電車に乗る前、北千里から郵送した。 梅田の紀伊国屋やブックファーストで立ち読みした後、歩いて本町へ。途中コンビニでPascoの「ヤマト」のパンを探したが、見当たらない。おにぎり2個を買って、「宇宙戦艦ヤマト復活篇」試写会の...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 12時41分

« 映画評『マイマイ新子と千年の魔法』 | トップページ | 『幻魔大戦』ブルーレイ、発売! »