« 日本アニメの今 | トップページ | トルネードトーク・押井守 »

2008年7月30日 (水)

高橋良輔監督連載開始【「自分は敗者」という泥沼からどう復活するか】

日経ビジネスオンライン 高橋良輔監督連載

【今日から始める「敗者復活」~"アンチ天才"のボトムズ流仕事術・2】
1:「負け感」からの出発

http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_25814_488344_127

 友人でもあるライター渡辺由美子さんのお仕事です。なかなか興味深い話題で、良い記事だと思います。
 しばらく前から「勝ち組」「負け組」みたいな妙な言葉が気になっていました。ここに来て「格差社会」とか「ワーキングプア」とか、またさらに不穏なアオリが出てしまい、なんだかなあと思うところも多いですが。
 そういう漠然とのしかかってくる不安感というのは、体制側からの心理的支配に直結しているので非常に危険なんですけど。まあ、そうしたことからどうやって逃れるかという話でもあり。アニメでも多くの作品が、そうしたことを物語化してると思います。
 というんで、ボトムズ好きの方のみならず、なんとなくわき上がる「負け感」の正体を見たい方は、ぜひ読んでください。なおこの記事はパート2でして、パート1もすごく好評だったそうです。回りが天才と感じられる高い能力の人ばかりだったとき、どう処するかという話は、私も別件の流れの中で高橋監督から直接にうかがったことがありますが、面白いですよ。合わせてどうぞ。

|

« 日本アニメの今 | トップページ | トルネードトーク・押井守 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋良輔監督連載開始【「自分は敗者」という泥沼からどう復活するか】:

» 格差とは何か(格差について考える その1) [日比野庵 本館]
2008年6月8日に起きた痛ましい秋葉原連続殺傷事件。そして先日おきた八王子殺傷事件。一部には格差社会の生んだ悲劇であるという声もある。今回は、格差について考えてみたい。連続16回シリーズでエントリーする。... [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 01時14分

» 職業威信と収入の関係(格差について考える その4) [日比野庵 本館]
職業と収入、または学歴の間でそれぞれ相関があるかないかについては、いろいろ研究されている。 [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 00時03分

» 健全な社会(格差について考える その5) [日比野庵 本館]
ここで、職業威信と収入の関係をより概略化するために、職業威信スコアでのホワイトカラー、ブルーカラーの境界値である55、中小企業サラリーマンの男性平均年収の435万円を原点として、職業威信をY軸に、収入をX軸にとって、ポートフォリオを組んで、4つの象限に大別してみる。... [続きを読む]

受信: 2008年8月 3日 (日) 00時08分

» 年収300万円の世界(格差について考える その6) [日比野庵 本館]
民間調査機関である労働運動総合研究所が先ごろ、首都圏の独身男性の最低生活費の試算結果を発表した。 [続きを読む]

受信: 2008年8月 4日 (月) 00時07分

» 市場原理が働くプロの世界(格差について考える その7) [日比野庵 本館]
「グラウンドにはゼニが落ちている」 [続きを読む]

受信: 2008年8月 5日 (火) 00時32分

» 主観的職業威信(格差について考える その8) [日比野庵 本館]
プロとは違って、普通の社会人からみた場合に働きたい職種は、やりたいことができるか、安定しているかは大きなポイント。安定を目指せば大手を選ぶのはだいたい共通する選択だけれど、やりたいことの内容は個々人ひとりひとり違うもの。... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 08時42分

» 職業の魅力(格差について考える その9) [日比野庵 本館]
『やっぱり漫画家という職業で趣味と実益を兼ねられたということがラッキーでしたから。なかなか好きなことをそのまま仕事にできる人はいないですからね。しかも好きな野球を描いていればいいわけですから。・・・「野球漫画で人生終わってもいいじゃないか」というところまで来ましたからね。どの作家よりも恵まれているんじゃないですか?』... [続きを読む]

受信: 2008年8月 7日 (木) 07時00分

» 派遣会社の職業威信(格差について考える その10) [日比野庵 本館]
社会の安定という面で考えた場合、個人が社会的犯罪に走らないだけのモラルの維持が求められるのだけど、そのためにはもちろん、基本的な健康・生命を維持したり、社会・文化的な生活を営むための収入が確保されているということが大前提になる。その上で、更に検討すべき項目として、主観的・客観的職業威信をいかに高めるかという問題がある。... [続きを読む]

受信: 2008年8月 8日 (金) 08時16分

» 中途採用と専門性(格差について考える その11) [日比野庵 本館]
『「負け組」だからといって卑下することはありません、難しい問題に挑んだことは立派なことだと思います。「負け組」と言われている人々にもこれからチャンスをいっぱい提供して、一度や二度失敗しても再挑戦することができる社会にしていかなければならないと思っています。... [続きを読む]

受信: 2008年8月10日 (日) 18時45分

» わが道を行く栄光なき天才たち(格差について考える その13) [日比野庵 本館]
「世の人はわれを 何とも言はばいへ わがなすことは我のみぞしる」 [続きを読む]

受信: 2008年8月11日 (月) 22時49分

» 好きこそものの上手なれ(格差について考える その14) [日比野庵 本館]
パレートの法則というのがある。 [続きを読む]

受信: 2008年8月12日 (火) 00時04分

» 今を変える、未来を変える(格差について考える その15) [日比野庵 本館]
収入とか、学歴とか、職業であるとか、そういった価値基準もなくはないけれど、それが全てである訳がない。 [続きを読む]

受信: 2008年8月13日 (水) 08時26分

» 祝福のこころ(格差について考える その最終回) [日比野庵 本館]
『なぜ人を妬んだり、うらやんだりするかといえば、「自分にも同じことができる」と思うからなのだ。人は自分が絶対に不可能なことを成し遂げた人に対しては賞賛や尊敬こそすれ、嫉妬することはない。』... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 00時14分

« 日本アニメの今 | トップページ | トルネードトーク・押井守 »