« 天元突破グレンラガン [最終発掘完了編] | トップページ | 月刊(アスキー5月号ガンダム特集 »

2008年3月29日 (土)

R3 1/100 ウォーカーギャリア

●R3 1/100 ウォーカーギャリア(戦闘メカ ザブングル)
 バンダイのプラモデル用解説書を担当させていただきました。
 4月12日の発売予定です。
 2002~2003年ぐらいではないかと思いますが、前に一連のプラモデル解説書を担当してから、ひさびさにお声かけがあって嬉しかったです。あさのまさひこさんのご指名らしく、感謝です。
 前のプラモのインストは無記名原稿で、作品解説とシチュエーションの説明みたいな感じでしたが、今回はメカ、キャラ解説に加えて署名原稿でと言われて、少し驚きながらも書くべきことを書いたという感じです。やっぱりプラモを作っておしまい、ではなく、プラモを通じて作品にも再び一種の精神的な「回路」を接続して欲しいなあと思うわけで。あさのさんサイドで予定されていたという題名が後でハマったら、何かそれ見て書いたような原稿になってたので、ゲラを読んで思わず笑いました(ゲラを読んでゲラゲラ笑うというのは筒井康隆の「乱丁文学大事典」だね)。まあ、呼吸が合ってたということで、ありがたいことです。
 1/100ギャリアは2号メカのハシリですが、年々新しい作品がラインとして目白押しだった時代の宿命というかで、当時、出ないまま次の作品(ダンバイン)に行っちゃったんですね。そのリベンジってことがあるようで、以下のブログにその熱い経緯が記されています。実を言うと、割と軽い気持ちで引き受けた後でブログの存在に気がついて、改めて気合いを入れなおした次第です。
http://bandai-hobby.net/hobbyblog/gallia/

 これも無記名なのであまり知られてないかもしれませんが、『戦闘メカ ザブングル』はオンエア中の音楽集アルバムの構成、タイトリングを担当させていただきまして、まあそういう点でも格別の思い入れはあります。ズバリ「ウォーカーギャリア」と名づけた曲もあったんじゃないかなあ。また四半世紀以上が過ぎて、関わることができてありがたいです。
 ひさびさに見返してみて、作品も非常に面白かったです。こういう勢いのある作品が、模型という形でその当時の情熱を何十年も伝えているということ、それ自体が奇跡的にも感じます。その熱気は、また必要とされているということなんでしょうね。

|

« 天元突破グレンラガン [最終発掘完了編] | トップページ | 月刊(アスキー5月号ガンダム特集 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/40674761

この記事へのトラックバック一覧です: R3 1/100 ウォーカーギャリア:

» 2008年3月30日 [FUKURAHAGI]
[氷川竜介ブログ]R3 1/100 ウォーカーギャリア [続きを読む]

受信: 2008年3月30日 (日) 23時23分

« 天元突破グレンラガン [最終発掘完了編] | トップページ | 月刊(アスキー5月号ガンダム特集 »