« あけましておめでとうございます | トップページ | 『ヱヴァ新劇場版 序』DVDは数字に注目 »

2008年1月24日 (木)

アクエリオン関係のDVD

●創聖のアクエリオン DVD-BOX
 1/25の緊急発売が決まりました。もちろんあのTVスポットのおかげです。TVシリーズの全話と前のDVD時の全映像特典が収録されています。それでこの価格は安いなあ。デジパックで場所を取らないようにという最新仕様。解説書にクレジットされてますが、実は前のリリース時の原稿流用です。
 前にも書いたかもしれませんが、『アクエリオン』はスタート前のプレスリリース資料や惹句の一部をお手伝いし、全話のブックレットを担当してます。
 今週金曜日から放送される「アニメ文化通信」でも『アクエリオン』を語り倒してきました。他人に口頭で説明して初めて気づいたんですが、『アクエリオン』の物語や設定をしゃべり出すと、なぜか最後に必ず(笑)がついてしまうんですね(笑)。あ、ほら。
 なんか「信じてもらえないでしょうが」っぽくなっちゃうんですよね。でも、ひさびさに観て気持ち良かったです。まさに「気持ちいい」としか言えない作品で、それはホントにある意味「よくできてるかどうかを査定される風潮」のなかでは、とっても貴重に思えるんですよね。
 あと当時からCGロボのアニメーションが卓越してるなーと思ってたんですが、それが『ヱヴァ序』でも絶賛されたオレンジの井野元さんのお仕事なんですよね。あの「グワン!」とメカが来るダイナミズムは、やっぱり「気持ちいい」(笑)。

●創星のアクエリオン-裏切りの翼-
●創星のアクエリオン -太陽の翼-

 ついでと言っては何ですが、アクエリオンのOVA版です。これは惹句などのみのお手伝いです。TVスポットに流用されて仰天したのは、こっち用のだったと思います。
 アマゾンも間違ってますが、こっちは「創星」でございます。ちょっとややこしいんですが、完全新作という訳ではなくてTVの素材も使ってますが、それとは分かりにくい。後日談とか外伝っぽいんですが、実は違うという。前編・後編に分かれてまして、後編リリースまで間が空いてるなー……と思ったら、なんとその間に合体して劇場版になってしまったと、そういう経緯でした。
 これはもう後編の「トーマ様ご○○」のシーンだけでお腹いっぱいになりました。メカ的には強攻型アクエリオンがいっぱい活躍してて渋いです。
 【限定愛蔵版】にはプレミアがついてるみたいですね。ビックリです。

●劇場版アクエリオン-壱発逆転篇-
 そんで自腹で劇場に観に行ったらですね、レイトショーでプレミアムシートというのにも驚いたんですが、「すいません、アクエリオンは大変な混雑でして、お席が端の方になりますが、よろしいでしょうか?」と言われて仰天ですよ。うっかり「これはエヴァじゃないんですよね」とか言いそうに(笑)。
 そしてスタートしたら、ありゃ?観たことのないアクエリオンが。というのが、この「-壱発逆転篇-」で、これは主題歌をうまく使った爆笑編でした。OVAじゃなく、TVの方の設定で作った「ネタ話」(温泉あり)ですな。妙に楽しかったです。
 なので、これだけまた別にリリースされるんですね。

 ということで、ここら辺を押さえれば『アクエリオン』はOK!でしょう。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 『ヱヴァ新劇場版 序』DVDは数字に注目 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/17808356

この記事へのトラックバック一覧です: アクエリオン関係のDVD:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 『ヱヴァ新劇場版 序』DVDは数字に注目 »