« 意外なベストセラー『ガンバロン』 | トップページ | 速報『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 »

2007年5月31日 (木)

「ゴワッパー5ゴーダム」アルバム発売!

●ゴワッパー5ゴーダム オリジナル・サウンドトラック

 団地の5人の子どもが巨大要塞ロボット“ゴーダム”で地底魔人の侵略に反撃!
 1976年に放映されたタツノコプロ初の巨大ロボットアニメのBGMが、30年目にしてようやくアルバム化されました! 氷川は構成と解説を担当しています。
 音楽は『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』のボブ佐久間。リズミカルでパワフルな戦闘曲は気絶するほど格好いいです。パーカッションにブラスが重なり、燃える燃える。疲れたときのカンフル剤になってます。この時期のロボットアニメは熱気がありますね。特にいいのは、発進や出撃のBANKに流れる曲。やっぱりこうやって毎回のように反復する映像&音楽があってこそ、成立するものがあるんだなあと。
 ジャケットもなかなか格好良かったです。当時の番宣ポスターがもとということで、イラスト原画はキャラクターデザインを担当している天野嘉孝さんだと思います。
 ちなみに「偶数月のゾロ目の日はタツノコ」ということで、6月6日の発売予定。8月8日には待望の「とんでも戦士ムテキング」が予定されています。

※主題歌、副主題歌はモノラルTVサイズのみ収録です。挿入歌は入っていません。

●ゴワッパー5ゴーダム Complete BOX

 映像の方もいつの間にか廉価版が出ていました。
 『ゴーダム』は鳥海永行監督作品ですが、富野由悠季(当時:喜幸)も4本に1本程度は各話演出で参加。これがなかなか後に『メカンダーロボ』→『ザンボット3』→『ガンダム』につながる「リアル感」あふれるムードが実に良いんですよ。
 地底魔人の侵略に証拠が残らないので、孤高の戦いを強いられるという逆境もいいし、敵メカを倒して目の前の危機が去っても、女の子ひとり助けられないという哀愁には痺れます。作画面では井口忠一の他、湖川友謙(当時:滋)の回が立体感あっていいですね(敬称略)。

|

« 意外なベストセラー『ガンバロン』 | トップページ | 速報『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/15270665

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴワッパー5ゴーダム」アルバム発売!:

« 意外なベストセラー『ガンバロン』 | トップページ | 速報『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 »