« 永遠のガンダム語録(PHP文庫) | トップページ | 誤記修正のお詫び »

2007年2月 9日 (金)

訃報:星山博之さん(脚本家)

 アニメ脚本家として数々の作品に参加されてきた星山博之さんが2月7日に亡くなったそうです。享年62歳。
 虫プロの文芸部で『ムーミン』など活躍後、サンライズで『無敵超人ザンボット3』から連なる数々の作品に参加。もっとも有名なのは、やはり富野由悠季監督との『機動戦士ガンダム』のお仕事でしょう。

 ちょうど三越でやっている講演の2期の第1回目では、星山さんの書かれた『ガンダム』の第1話を例示に使わせていただきました。それは昔、そのシナリオを読んだときには、完成作品との違いの方が気になったが、今あらためて読み直すとシナリオどおりになっているというような説明をさせていただきました。
 違いというのは、たとえば冒頭はムサイ艦の中から宇宙世紀の時計が動いているところから始まっている部分、シャアのラストの「認めたくないものだな……」という台詞がないところなど(これは記録全集で星山さんご自身が唐突だと語っておられた記憶があります)。
 ところが改めて読み直すと、驚くべきことが判るんです。その冒頭を例の年代記のナレーションに置き換えただけで、起きる事件の展開、構成はまったく同じなんですね。それはこの20数年の間に、自分なりにシナリオの読み方を覚えたということもあります。
 つまり、柱として書かれている舞台の変化を追っていく。「同じ→同じ→ここで変わる」とか、同じ舞台が拡大していくとか、そういう読み方です。その中での人の出入りや絡みを追うということをやってみると、違っているのはディテールで構造・構成は同じだということが分かったわけです。
 演出段階で要件が変わるとはどういうことか。それは、フラウ・ボゥの家族が死ぬシーンがシナリオだと結果だけだったのが、絵コンテ段階ではアムロも直視して、かつフラウ・ボゥを励ますシーンが長回しで入ってるんです。それは「シナリオをビジュアライズする」という時に出てきた要件なんでしょうね。
 ともかく「脚本家がお話を書く」「演出家はそれを映像化する」と単純化できない、さまざまなプロセスがそこにはあるということです。

 という感じで、「これは研究のしがいがあるなあ、お話を聞いてみたいなあ」などと思っていた矢先に……というのは、まったく実相寺監督と同じパターンで、ひどく落ちこみました。
 ちなみに星山さんがガンダムの1話でよく語られていたことは、アムロの「男の子の生理現象」を書いたということ。ガンダムの「生っぽさ」は星山さん発のことも多いのではないかというのは、つとに言われていたことで、まだまだ考えていかねばならないことが多いのです。

 つい『ガンダム』の話ばかりしてしまいましたが、『銀河漂流バイファム』や『無敵ロボ トライダーG7』、『太陽の牙ダグラム』などサンライズ作品に見える「ヒューマンな味」も星山さんによるところ大だと思ってます。それはいまや伝統として受け継がれているとも。

 そうした惜別の念もこめつつ、心からご冥福をお祈りいたします。

※命日に誤記がありました。8日→7日に修正しました。

|

« 永遠のガンダム語録(PHP文庫) | トップページ | 誤記修正のお詫び »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/13843525

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:星山博之さん(脚本家):

» 脚本家、星山さんの訃報 [ミューラァ log / SPS-V]
氷川竜介ブログ: 訃報:星山博之さん(脚本家) 2/8に…驚きました。62歳なんて若すぎ。 神田監督もすでにいらっしゃらないし、どんどん寂し... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 13時15分

» 訃報:星山博之氏 [人形回廊HeroToys]
久しぶりの日記ですが、今日は哀しいお知らせです。長年サンライズの脚本家としてご活躍だった、星山博之がご他界されたそうです。2月8日、享年62歳という若さでした。80年代アニメファンには良くご存知の方だと思います。「ガンダム」「ダイターン3」「銀河漂流バイ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 10時10分

» 脚本家の星山博之先生死去 [Hi-Low-Mix]
氷川竜介ブログより。 アニメの「脚本家」として私が最も強く意識した方。いわゆる「 [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 16時34分

» [Anything]星山博之氏逝去 [the journal of …]
機動戦士ガンダムの脚本などで知られる脚本家の星山博之氏が亡くなったそうです。 アニメ評論家の氷川竜介氏のBlogで発表されました。 ガンダムでは脚本家の中心として、第一話「ガンダム大地に立つ」や最終話「脱出」などを手がけ、数々の名セリフを生み出しました。 謹ん... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 04時30分

» [雑感][アニメ]脚本家・星山博之氏、逝去 [[SAMPLE]ビデオながら見日記]
※氷川竜介ブログ:訃報:星山博之さん(脚本家)  「ムーミン」からサンライズ黄金時代の作品の数々の脚本を手掛けた星山博之氏が亡くなられたそうです。 当然一連の富野作品での仕事が代表作という事になりますが、個人的にはやはり「銀河漂流バイファム」! 何しろ高校時... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 07時14分

» [訃報]星山博之 [kowyoshiの日記]
2月7日に亡くなったことを、氷川竜介さんのブログで知った……。 ガキの頃に観た、サンライズアニメには大抵、この人の名前がクレジットされていたもの。 ガンダムが有名だけど、個人的にはトライダーG7やダイオージャが好きだったなあ。 ウィキで作品履歴を確認したが、ど... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 15時11分

» 星山博之氏死去 [旨い小説の作り方]
氷上竜介さんのブログで発表されましたので、事実と受け止めるしかないでしょう。 星... [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 22時47分

» 訃報 星山博之 [地球が回ればフィルムも回る]
*星山博之氏が7日に亡くなったんですね。 あの『ムーミン』や『ど根性ガエル』の・・というよりやっぱり『機動戦士ガンダム』の(となるのか?)・・脚本家です。 氷川竜介ブログ: 訃報:星山博之さん(脚本家) http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2007/02/post_94b3.html Wikipedia 星山博之 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E5%B1%B1%E5%8D%9A%E4%B9%8B ... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 22時28分

» 宇宙の星よ永遠に [Yasの“裏”日記・ノア]
ネットサーフィンをしていて、偶然この方の訃報を知りました。 訃報:星山博之さん(脚本家) 亡くなったのは7日と言う事ですが、新聞やネット上のニュース等では見かけなかった為、今まで気づきませんでした・・・基本、特撮物をメインにヲタをやってる私ですが、アニメだって勿論好きだし、それが嵩じて一時期はその業界に身をおいていた時期もある身ですから、この方のお名前も非常に馴染みの深いものです。 考えてみれば中高生の頃、ある意味特撮物以上に影響を受けた(当時の)サンライズ系のロボットアニメには、大抵... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 21時40分

» 脚本家・星山博之さん逝去 [ぜろぜくしむ日記]
脚本家の星山博之さんがご逝去されたそうです。 ソース:氷川竜介氏のブログ http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2007/02/post_94b3.html 62歳。まだお若いのに・・・ 無念です。 皆様は星山博之さんという人のことをご存知でしょうか。 星山博之とは ―ー はてなダイ... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 00時31分

» 脚本家、星山さんの訃報 [バイファム*マニア|ミューラァ log]
氷川竜介ブログ: 訃報:星山博之さん(脚本家) 2/7に…驚きました。62歳なんて若すぎ。※日付訂正しました。 一方でこういう記事も目にして... [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 16時41分

« 永遠のガンダム語録(PHP文庫) | トップページ | 誤記修正のお詫び »