« 評論集追加「千年女優」 | トップページ | 村田耕一さん逝く »

2006年11月 8日 (水)

賢者のプロペラ/平沢進

 映画『千年女優』つながりでご紹介。この映画のサントラに曲を提供しているのは平沢進さんですが、今 敏監督に大きな影響を与えたのがこのCD。
 こないだ書いた原稿の一部を引用すると、こんな感じです。

 今 敏監督は「物語や発想は氏の影響に負うところが大きい」と、インタビューで答えている。それは音楽に「フラクタル理論」が応用されたことを指している。自然界に存在する山の稜線や雲、波、植物の発生などの形は、複雑な小さい図形が積み重なりつつ反復して大きな図形の複雑さとなる構造を備えている。それがフラクタルで、平沢進はそうした構造を生成させるプログラムを作曲に応用しているという。『千年女優』の映像も、まさにそういう小さな激しさが繰りかえされ、反復されて大きな「うねり」を招来するように組み立てられている。

 というわけで、このCDはまさにそんな感じ。というか、『千年女優』の場合は、メインテーマを含む主要な曲は、このアルバムに収録された楽曲をもとに作られているんですね。『妄想代理人』と新作『パプリカ』の音楽も平沢進氏ですが、というわけでルーツを聴きたい方にはオススメの一枚。
 さっきも聴いてて、何だか気持ち良くなってしまいました(笑)。さすがにDVDの方までは持ってませんが、ちょっと気になります。

|

« 評論集追加「千年女優」 | トップページ | 村田耕一さん逝く »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賢者のプロペラ/平沢進:

« 評論集追加「千年女優」 | トップページ | 村田耕一さん逝く »