« 16mm上映:実相寺監督ウルトラ | トップページ | ウィッチブレイド Vol.5 »

2006年11月23日 (木)

スカイパーフェク TV ! ガイド

寄稿題名:氷川竜介のアニメ総合研究所(連載)

 今月は第1作目の『機動戦士ガンダム』について、「人気キャラ アムロとシャアの魅力の核心に迫れ!」というお題で書いてます。2人の関係についてはいろいろと語られてますが、文字数が少ないので本質的なところを狙って書いてみました。こないだのカルチャーサロンでも触れましたが、「お話づくり」の核心に迫るようなところがあるんですよね。
 コラムでは指定があったのをうっかりして(苦笑)、「TV版もよろしく」みたいな原稿を書いてしまい、自分でボツにしました。もったいないので下に貼っておきます。DVD化もあと1月を割りました。

<TVシリーズ『機動戦士ガンダム』>
現在、『機動戦士ガンダム』として参照されることの多いテキストは、1981年に三部作として公開された劇場版である。非常に手際よく物語の中核をまとめきった映画だが、原点はあくまで1979年に放送されたTVシリーズである。戦争というあまりに巨視的なものや、活き活きとした人間たちの関係の機微など、機会あればぜひそのビビッドな大河ドラマに触れて欲しい。

|

« 16mm上映:実相寺監督ウルトラ | トップページ | ウィッチブレイド Vol.5 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/12792592

この記事へのトラックバック一覧です: スカイパーフェク TV ! ガイド:

« 16mm上映:実相寺監督ウルトラ | トップページ | ウィッチブレイド Vol.5 »