« 特撮エース 2006年 09月号 | トップページ | BSアニメ夜話 機動戦士ガンダム »

2006年10月 2日 (月)

Newtype THE LIVE  2006年 11月号

寄稿題名:特撮ディナーショー第27回 精神力で輝きを増すヒーロー『ウルトラマンレオ』

 見本誌が届きました。今回はDVD発売に引っかけて、「レオ」です。

 この連載もいつのまにか長期になりましたが、DVDウルトラは『帰ってきたウルトラマン』以後、ずっと扱っていると思います。「レオ」は第2期ウルトラシリーズの締めくくりにして、初めてリアルタイムで円谷プロに行き、接触したシリーズとして思い入れがあります。

 結局、「レオ」あたりでいったん特撮もの(特に巨大怪獣もの)の火が消えてしまいそうになり、その危機感が怪獣同人誌を生み、そのパワーが今につながっているんですよね。ちなみに『宇宙戦艦ヤマト』本放送とも同時期で、すぐに怪獣仲間からは「ヤマトな人」「アニメ派」とかレッテルを貼られてしまうわけですが(苦笑)、そんな想い出の一端もすこし書いたように思います。

 意外にもと言っては失礼ですが、『レオ』って盛りだくさんなんですよ。また機会を見て触ってみたい題材です。リマスターのCDが出たばかりの冬木透の音楽も耳についてしまい、油断すると「ちゃるらるっちゃっちゃっちゃ……」とか、NG主題歌のBGM(そのまま第1OPの歌詞で歌える)とか、脳内無限リピート再生です。

 デジタルリマスターのDVDは素晴らしい高画質です。高画質すぎて、ツルク星人の通り魔切断による、上半身・下半身の分かれた赤みが……すごすぎて、たじろいじゃいました。

 ついでですが劇場版『トップをねらえ!』1作目の、杖をついたコーチは『レオ』が元ネタ。スクリーンにゆらめく夕陽が出て、2人のシルエットが向かい合ってるときに「円盤生物シルバーブルーメ登場」などと文字を幻視して、つぶやいていたのは、この私です(笑)。

|

« 特撮エース 2006年 09月号 | トップページ | BSアニメ夜話 機動戦士ガンダム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/12126901

この記事へのトラックバック一覧です: Newtype THE LIVE  2006年 11月号:

« 特撮エース 2006年 09月号 | トップページ | BSアニメ夜話 機動戦士ガンダム »