« オトナアニメVol.2『時をかける少女』 | トップページ | コンティニューVOl.29「ゲド戦記」 »

2006年9月29日 (金)

KINO Vol.02 思考としての『ガンダム』

寄稿題名「ガンダムの《企画》から浮かぶ作品づくりの本質」

 京都精華大学の雑誌からの依頼です。「ガンダムの企画はどう成立したのか」ということについて、富野由悠季監督を中心にまとめるというオーダーだったと思います。新規取材をするのではなく、既存文献から追えることを複合的に整理するという形になりました。

 他にも多面的に検証するんだろうなあと思ってましたが、刷り上がってみたら、まるでメインの記事のようになっていて、ちょっとのけぞりました(笑)。

|

« オトナアニメVol.2『時をかける少女』 | トップページ | コンティニューVOl.29「ゲド戦記」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163124/12082720

この記事へのトラックバック一覧です: KINO Vol.02 思考としての『ガンダム』 :

« オトナアニメVol.2『時をかける少女』 | トップページ | コンティニューVOl.29「ゲド戦記」 »