2022年1月25日 (火)

ロトさんの本 Vol.43「アニメ職人群像」 誤記訂正(2)

平素お世話になっております。氷川です。
さらなるご指摘で、表題の本(2021年末コミケで頒布)に誤記があることが
判明しました。ありがとうございます。

ここに謹んで訂正を告知いたします。

---------------
該当箇所:P.39 リード部分

<誤>

最底辺の少年たちが
ガンダムで逆襲!
欠落を抱えたキャラたちの
群像劇を描く長井龍雪監督!!

<正>

アイドルとディーバの競演!
ライブステージ感覚を
満載した記念碑的作品が
10周年!

---------------
該当箇所:P.45 サンダーバードのコラム(最上段)

<誤>

救助メカが発進する1以上のミニチュア特撮

<正>
救助メカが発進する1分以上のミニチュア特撮

深くお詫びいたします。
今後とも、よろしくお願いします。

|

2022年1月21日 (金)

ロトさんの本 Vol.43「アニメ職人群像」 誤記訂正について

平素お世話になっております。氷川です。

このたびご指摘がありまして、表題の本(2021年末コミケで頒布)

に誤記があることが判明しました。ご指摘ありがとうございます。

ここに訂正を告知いたします。

---------------

該当箇所:P.12 リード部分

<誤>

最底辺の少年たちが

ガンダムで逆襲!

欠落を抱えたキャラたちの

群像劇を描く長井龍雪監督!!

<正>

天空を震撼させる

勇者の激戦!

情熱を注ぎこんだ

究極のロボットアクション!

---------------

関係者各位には、不注意で大変にご迷惑をおかけしました。

あらためて深くお詫びするとともに、再びこのような

ことがないよう入念にチェックいたします。

今後とも、よろしくお願いします。

 

|

2021年12月30日 (木)

コミックマーケット新刊案内

冬の(2年ぶりの)コミックマーケット新刊「ロトさんの本 43」アニメ職人群像

ハイヴィ連載コラムの総集編です(Blu-ray紹介です。インタビューではありません)

金曜日東地区“K”ブロックー39a

サークル名:IRD工房(東1ホール)

いよいよ明日!

2年前の宇宙戦艦ヤマト本も、10数冊在庫発見しました!

ImageH1

|

2020年1月21日 (火)

「宇宙戦艦ヤマト 1974全話解説」通販終了

平素お世話になっております。表題につきまして、受注は2020年1月19日をもって締め切らせていただきました。
ご入金の確認できたものから発送し、主なものは終了して、現在最後の在庫が印刷所から届くのを待機しております。19日近くにご入金の方は少々お待ちいただく可能性がありますが、必ず発送いたしますので。

幸い、予想を上回るご好評をいただき、ブログ、Twitterなどでも取りあげられ、ありがたく思っております。しかし、新規の注文は受けつけられませんので、ご注意ください(受注開始時点のサイトにリンクされているケースがあるようなので)。

再版については、現在のところ考えておりません。もしも状況が変化した場合は、随時お知らせいたします。

ありがとうございました。次のコミケ(夏ではなくゴールデンウィークですので要注意)も、よろしくお願いします。

|

2020年1月 8日 (水)

冬のコミケ本、発送準備中

2020/01/21追記 すでに注文は締め切らせていただいております。ありがとうございました。

予想を大きく上回る申し込み、ありがとうございます。初心に戻り、今回はコミケ同様の手作業による通販とさせていただいたので、鋭意、整理発送準備中です。プロ業者よりお時間をいただきますが、文字通りの「家内制手工業」なので、ご理解のほどよろしくお願いします‬

|

2020年1月 6日 (月)

新刊「宇宙戦艦ヤマト 1974全話解説」通販開始

2020/01/21追記 すでに注文は締め切らせていただいております。ありがとうございました。

お待たせしました。冬のコミックマーケット新刊、下記リンクより通販いたします。

https://rotohikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

【書名】
宇宙戦艦ヤマト 1974全話解説
放送開始45周年記念
ロトさんの本Vol.42
【内容】
1974年10月6日からSFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」が放送スタートしました。その直後、高校2年生で制作スタジオのオフィスアカデミーを見学した著者の視点から、全話を振り返ります。チーフ・ディレクターの石黒昇さんからのお話を筆頭に、現場で見聞きしたさまざまな出来事、あるいは入手したさまざまな資料から読み解いたことを、思いつくまま綴っています。

よろしくお願いします。

H1_20200106161501

|

2019年12月29日 (日)

冬のコミックマーケット新刊「宇宙戦艦ヤマト全話解説」

冬のコミックマーケット、新刊無事に刷り上がりました。講義録に大幅な加筆をしています。図版はありません。今回30日(31日ではなく)の南館なので、ご注意ください。

誌名 ロトさんの本Vol.42 

宇宙戦艦ヤマト 1974全話解説 放送開始45周年記念

96ページ

南3ホール

月曜日 南地区“ム”ブロックー 22a

サークル名 IRD工房

今回、Amazon通販の予定はありません。通販自体は検討中なので、決まり次第お知らせします。


E908b9998e4346b3b186b2aeec468145

|

2019年11月 6日 (水)

第32回東京国際映画祭 関連リンクのご紹介

 第32回東京国際映画祭への対応、おかげさまで成功裏のうちに終了しました。ご来場いただいた方々、またネットで話題にしていただいた方々、ありがとうございました。

 これまでの特集上映が「ジャパニーズ・アニメーション部門」となり、「THE EVOLUTION OF JAPANESE ANIMATION/VFX」という企画が今年の出し物になりました(去年までは「湯浅政明の世界」のような監督特集)。
 氷川は昨年に続いてプログラミング・アドバイザーに就任。VFXは「ウルトラQ」ですが、アニメ映画はこの1年の5本、歴史的最重要変化点の3本と8本を上映作品に選定。だいたいこの8本で日本製アニメの特徴は語れる、という話を講演しました。
 特に3本のほうが「白蛇伝」「エースをねらえ!」「AKIRA」で昭和のアニメ史は語れる! という(やや無謀な)試みをしたところ、識者からも望外のご評価をいただき、感謝しております。

 その講演映像記録がYouTubeで公開されています。データ原口さんがコメンテーターで、第二部からは桜 稲垣早希さんも参加しています。関連コラムとともに、リンク先を以下にまとめます。
 ご興味ある方へ、ご紹介いただければ幸いです。よろしくお願いします。

○講演映像リンク
https://www.youtube.com/watch?v=3Y6zlM-n9Kg&t=243s

○映画祭全体のコラム
第32回東京国際映画祭「ジャパニーズ・アニメーション部門」のご紹介
https://anime.eiga.com/news/column/tiff2019_news/109738/

○エースをねらえ!選出理由 コラム
「再話」としての劇場映画とその可能性
https://anime.eiga.com/news/column/hikawa_rekishi/109593/

○VFXコラム
アニメ史と「ウルトラQ」の深い関係
https://anime.eiga.com/news/column/hikawa_rekishi/109770/

|

«夏コミ本、amazonへ入庫しました